Free縄文施設でスタンプ集めよう 岩手県北広域振興局が周遊企画

縄文服を着て、スタンプラリーをPRする二戸地域振興センターの職員
縄文服を着て、スタンプラリーをPRする二戸地域振興センターの職員

岩手県県北広域振興局二戸地域振興センターは「北東北・北海道の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録決定を記念し1日から、周辺地域の縄文関連施設などを巡る「北いわて・大湯・是川 縄文周遊発掘スタンプラリー」を開催している。11月30日まで。

 同遺跡群に関連する御所野縄文博物館(一戸町)、是川縄文館(八戸市)、大湯ストーンサークル館(秋田県鹿角市)と、岩手県北の縄文関連や歴史、観光関連の施設などを合わせた13カ所が対象。

 各所にスタンプ台紙が置いてあり、来場者はそれぞれの遺跡の出土品などをモチーフにした絵柄のスタンプを2カ所以上で押す。台紙を同センターに郵送すると、抽選で一戸町鳥越地区の竹細工や二戸市の浄法寺漆器などの景品が当たる。

 同センターの立柳敦交流連携特命課長は「世界遺産登録を機に、多くの方に御所野遺跡をはじめ、県北や周辺各地に足を運んでいただきたい」とPRする。

 スタンプラリーに関する問い合わせは二戸地域振興センター=電話0195(23)9205=へ。

お気に入り登録