【次期衆院選】立民、共産攻勢に戸惑い 国民との連携、溝深く

 次期衆院選の野党共闘を巡る構図
 次期衆院選の野党共闘を巡る構図
次期衆院選に向け、立憲民主党が共産党の独自候補の擁立攻勢に戸惑っている。共産が「信頼関係が強まった」(志位和夫委員長)と胸を張る7月の東京都議選での選挙協力結果を背景に、多くの小選挙区で立民候補に一本化する立民の方針をけん制した格好だ。一方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録