【コロナワクチン】五輪は世界が注目の機会 WHOトップ、公平供給訴え

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日の記者会見で、東京都が緊急事態宣言下にあるにもかかわらず五輪開幕に合わせて今月下旬に訪日したのは、世界が注目する機会を利用して新型コロナウイルスワクチンの公平供給を訴えるため.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録