【大学入試改革】政治主導露呈、根拠乏しく 「2本柱」頓挫、火種も

 大学入学共通テスト改革の主な問題点
 大学入学共通テスト改革の主な問題点
2013年から議論が続いた入試改革の「2本柱」がついに折れた。萩生田光一文部科学相が30日、25年1月以降の大学入学共通テストに英語民間試験と記述式問題を組み込む構想を断念すると発表した。一連の改革を巡っては、政治主導による根拠に乏しい政策.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録