【フェンシング】「太田超え」で新たな歴史 日本メンバー結束、対抗心胸に

 男子エペ団体で日本フェンシング界初の金メダルを獲得した(左から)加納虹輝、見延和靖、宇山賢、山田優の日本チーム=幕張メッセ
 男子エペ団体で日本フェンシング界初の金メダルを獲得した(左から)加納虹輝、見延和靖、宇山賢、山田優の日本チーム=幕張メッセ
個性豊かな剣士たちが日本フェンシングの新たな歴史を切り開いた。過去の五輪メダルは太田雄貴ら男子フルーレの「銀」二つのみ。伝統種目への対抗心を胸に2016年リオデジャネイロ五輪個人6位の見延和靖(34)=ネクサス=を中心に結束した男子エペ団体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録