鳥居の笠木返還が縁、米団体から最高栄誉賞 八戸の木村一夫さんに

コロンビア川海事博物館の最高栄誉賞を受賞した木村一夫さん(左)
コロンビア川海事博物館の最高栄誉賞を受賞した木村一夫さん(左)
東日本大震災の津波で八戸市の神社から流された鳥居の笠木(かさぎ)の返還などをきっかけとする、小学生の交流活動を主催してきた米国オレゴン州のコロンビア川海事博物館が、市教委職員や中学校長として活動に携わった木村一夫さんに同館の最高栄誉賞を贈呈.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録