【連載・世界遺産と生きる】(3)経済波及効果

縄文遺跡群の世界遺産登録を契機に、八戸圏域の観光資源を観光客に回遊してもらい、経済効果を引き出す取り組みが欠かせない(写真はコラージュ。左上から時計回りに是川縄文館、種差海岸、八食センター、館鼻岸壁朝市)
縄文遺跡群の世界遺産登録を契機に、八戸圏域の観光資源を観光客に回遊してもらい、経済効果を引き出す取り組みが欠かせない(写真はコラージュ。左上から時計回りに是川縄文館、種差海岸、八食センター、館鼻岸壁朝市)
世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」。地域にとって遺産を保存・継承していくのはもちろん、これからは観光や経済の視点で遺跡群をどう生かしていくのかが一つの大きな焦点となる。 今後、国内外から多くの観光客が見込まれる。新型コロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録