【柔道】下町のウルフ雄たけび 激闘制し、家族に感謝

 男子100キロ級決勝 韓国の趙グハムに一本勝ちし、ガッツポーズのウルフ・アロン=日本武道館
 男子100キロ級決勝 韓国の趙グハムに一本勝ちし、ガッツポーズのウルフ・アロン=日本武道館
9分半を超える激闘を制した瞬間、高々と両腕を突き出し、雄たけびを上げた。柔道男子100キロ級で金メダルに輝いたウルフ・アロン(25)。子どもの頃から鍛錬を積んだ日本武道館での栄冠に「とても感慨深い。支えてくれた家族に感謝を伝えたい」。紅潮し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録