量的緩和縮小へ「前進」 米FRB、検討本格化

 ニューヨーク証券取引所のディスプレーに映る米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=28日(ロイター=共同)
 ニューヨーク証券取引所のディスプレーに映る米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=28日(ロイター=共同)
【ワシントン共同=金友久美子】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は28日、新型コロナウイルス禍で景気下支えのため続けている量的緩和策の縮小に向けて本格検討に入った。金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表した声.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録