【競泳】意地の張り合い、2冠結実 気の強い大橋、師も自信

 女子200メートル個人メドレーで優勝し、平井伯昌監督(右)と抱き合う大橋悠依=東京アクアティクスセンター
 女子200メートル個人メドレーで優勝し、平井伯昌監督(右)と抱き合う大橋悠依=東京アクアティクスセンター
残り3メートル。大橋悠依(25)=イトマン東進=は右隣を泳ぐアレックス・ウォルシュ(米国)をちらりと見た。「勝ったかな」。競泳女子200メートル個人メドレーの大接戦をものにすると、舌をぺろり。うれし涙を流した400メートル個人メドレーとは違.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録