気候研究で有利な農作物栽培を 三戸町と弘前大が連携協定

協定書を取り交わした松尾和彦町長(左)と福田眞作学長
協定書を取り交わした松尾和彦町長(左)と福田眞作学長
三戸町と弘前大(福田眞作学長)はこのほど、地域産業振興や人材育成など多分野の連携協力へ向けた協定を締結した。本年度から同町の気候変動を予測、研究し、今後有利に栽培できる農作物を探る。 同大は県内市町村と連携協力協定の締結を進めており、三戸町.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録