【ラグビー7人制】悔しさかみ締め、最終戦へ 本村「プライド懸けて戦う」

苦しい戦いが続く。ラグビー7人制男子は、1次リーグを3戦全敗、順位決定予備戦でもケニアに敗れた。「メダルはなくなったが、ジャージーの誇り、プライドを懸けて戦う」。本村直樹(八戸高出、ホンダ)は敗戦の悔しさをかみ締めながら、左胸の日の丸を握り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録