Free一球入魂かぼちゃ、初競りで1個5万円の最高値 八戸市中央卸売市場

1個5万円の最高値が付いた一球入魂かぼちゃの初競り=27日、八戸市中央卸売市場
1個5万円の最高値が付いた一球入魂かぼちゃの初競り=27日、八戸市中央卸売市場

八戸市中央卸売市場で27日、むつ市などがブランド化を進める「一球入魂かぼちゃ」の初競りが行われた。3・02キロの1個に5万円の値が付き、これまで最高だった昨年の1万円を大きく上回った。出荷したむつ市の農業生産法人「下北カンブリア農場」の常田嘉一郎社長は「昨年より高い品質を目指してきたので、評価をしてもらえてありがたい」と喜んだ。

 通常のカボチャが1株から5個以上収穫するのに対し、一球入魂かぼちゃは1株に1個だけ実を残すことでうま味を凝縮し、糖度を13~15度にまで高める。

 同市場では例年8月下旬から10月にかけ、露地栽培物の取り扱いを行っている。1カ月ほど出荷の早いハウス栽培物は、これまで首都圏のホテルと直接取引されてきたが、新型コロナウイルスの影響でできなくなり、昨年から市場での取り扱いを開始した。

 午前7時にスタートした初競りにはハウス栽培物15個が並び、最高値の「一番かぼちゃ」は、八戸市の青果卸売業「南部青果」が落札。ほかは1個4千~1万5千円で取引された。

 市場関係者は「カボチャ全体は現在、10キロ1千円ほどと安値傾向だが、一球入魂かぼちゃへの期待の表れだろう」と上々の結果を歓迎。

 南部青果の伊賀大貴さん(42)は「一番をぜひ買いたいと思っていた。少しでも生産者の励みになればうれしい」と話した。競り落とした一球入魂かぼちゃは、その日のうちに八戸市の生鮮食品スーパー「やまはる」に並んだ。

お気に入り登録