Freeうらら亭で「雛のつるし飾り展」 一戸、8月15日まで

華やかな雛のつるし飾りをPRする大矢トモ店主
華やかな雛のつるし飾りをPRする大矢トモ店主

一戸町岩舘子守の旧家レストラン「うらら亭」(大矢トモ店主)で、毎年恒例の「雛(ひな)のつるし飾り展」が開かれている。縁起物や干支(えと)などの和裁細工の人形を連ねた華やかな飾りが、築約150年の旧家を活用した店の雰囲気とマッチし、来客の目を楽しませている。8月15日まで。

 つるし飾りは同町の手芸作家千葉良子さんが着物生地を使い、人形の細やかな表情や配色にこだわり表現。今年は同町の中村富佐子さんが作った一閑(いっかん)張りの作品も展示している。

 期間中は山菜などを使った料理を旧家に伝わる漆器で提供する「さくら御膳」を用意している。税込み2千円と3千円のコースがあり、前日までに要予約。

 大矢さんは「当店は御所野遺跡の近くにあり、7月中に見込まれる世界文化遺産登録の決定を機に盛り上がる町を、こうした企画を通じてさらに活気づけたい」と話している。

 営業時間は午前11時~午後8時。問い合わせはうらら亭=電話0195(32)3551=へ。

お気に入り登録