大谷、勝負どころで一発 対左腕投手に手応え

 6回にツインズの左腕コローン(手前)から35号本塁打を放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)
 6回にツインズの左腕コローン(手前)から35号本塁打を放つエンゼルス・大谷=ミネアポリス(共同)
勝負どころでエンゼルスの大谷に大きな一発が飛び出した。2番手左腕のスライダーを引っ張り、右翼席後方のコンコースまで勝ち越し本塁打を運んだ。 33本塁打を放った前半戦終了時はシーズン60本ペースだったが、後半戦は57本ペースにやや失速した。初.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録