【アーチェリー】極限の状況、運命の矢 男子団体初のメダル射抜く

 男子団体3位決定戦 的を狙う古川高晴。左は武藤弘樹=夢の島公園アーチェリー場
 男子団体3位決定戦 的を狙う古川高晴。左は武藤弘樹=夢の島公園アーチェリー場
メダルを取るのか、逃すのか。極限の状況で武藤が最後に放った運命の矢は、70メートル先にある的のほぼ真ん中に突き刺さった。アーチェリー男子団体の3位決定戦。わずかなミスも許されない場面で「やってきたことを出すだけ」と平常心を貫く。この種目で日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録