【体操】わずか0・103点及ばず 若き日本、ライバルに屈す

 男子団体総合決勝 最終種目の鉄棒で着地を決めた橋本大輝と喜ぶ日本チーム=有明体操競技場
 男子団体総合決勝 最終種目の鉄棒で着地を決めた橋本大輝と喜ぶ日本チーム=有明体操競技場
4種目を終え、トップのROCとは3・472点差。最終種目の鉄棒で猛然と追い上げ、最後はエース橋本が着地を止める会心の演技を見せたが、わずか0・103点及ばなかった。男子団体総合で予選1位通過した若き体操ニッポン。大接戦となった決勝でも総合力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録