半導体不足、2年継続も/米インテル、需要増で

【ニューヨーク共同】米インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は22日、世界的な半導体の供給不足があと2年程度続く可能性があるとの見方を示した。デジタル化による需要増に供給が追いついていないためで、自動車など各産業への影響が長期化する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録