三本木小児童、十和田湖畔で地元の魅力PR 小唄踊りやパンフ配布で

三本木小唄を踊る児童
三本木小唄を踊る児童
十和田市立三本木小(江渡準悦校長)の4年生83人が16日、十和田湖畔でふるさとの魅力を伝える活動を実施した。三本木小唄を踊ったり、観光パンフレットを配布したりして地元の魅力をPRした。 同校は郷土学習の一環として、毎年4年生が湖畔で地元のP.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録