【東京五輪】苦境の人々に勇気や希望を 難民選手団、異国でも夢諦めず

 難民選手団競泳女子のユスラ・マルディニ=2018年4月(ロイター=共同)
 難民選手団競泳女子のユスラ・マルディニ=2018年4月(ロイター=共同)
紛争や迫害から逃れ難民となりながらも、アスリートとして夢の舞台に。東京五輪には2016年リオデジャネイロ五輪に続き難民選手団が参加する。「家族のため」「母国のため」―。29選手(11カ国出身)の五輪への情熱の源泉はそれぞれだが、自身の活躍に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録