【東京五輪】感染対策と競技、両立に課題 陽性者続出、揺らぐ安全

 東京五輪関連の主な新型コロナ感染例
 東京五輪関連の主な新型コロナ感染例
23日に開幕する東京五輪は新型コロナウイルス対策が最大の課題だが、選手村の内外で選手や関係者の陽性者が続く。大会前から「安全、安心」が揺らぎ、東京都の感染者数は2千人に迫った。濃厚接触者の扱いで「独自ルール」を設けて感染防止と競技実施の両立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録