盛岡大付、決勝に名乗り/高校野球岩手大会

第103回全国高校野球選手権岩手大会は22日、岩手県営球場で、前日に雷雨のためノーゲームとなった準決勝の盛岡大付―一関学院を行った。盛岡大付は序盤から打線が勢いづき、12―4の7回コールドで決勝に名乗りを上げた。24日午前10時から、甲子園.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録