【ソフトボール】20年来の絆が生んだ白星 宇津木、上野の師弟物語

 オーストラリア戦の1回、マウンドで上野(左から3人目)と話す宇津木監督(右から2人目)=21日、福島県営あづま球場
 オーストラリア戦の1回、マウンドで上野(左から3人目)と話す宇津木監督(右から2人目)=21日、福島県営あづま球場
心の中では決まっていた。ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督はずっとはぐらかしてきた初戦の先発投手に、22日で39歳の上野由岐子を送り出した。20年来のまな弟子に託した理由を試合後に問われ「ずっと自分の下で投げているというか『投げていただい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録