【ワクチン接種】八戸市長、計画見直しに「忸怩たる思い」

新型コロナウイルスワクチンの接種計画を見直したことについて説明する小林眞市長=21日、八戸市庁
新型コロナウイルスワクチンの接種計画を見直したことについて説明する小林眞市長=21日、八戸市庁
八戸市の小林眞市長は21日の定例会見で、新型コロナウイルスワクチンの供給量低下を受けて接種計画を見直したことについて「変更せざるを得なかったことに忸怩(じくじ)たる思いがある」と述べ、供給の見通しが立った段階で速やかな周知や接種を進める考え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録