RFS操業、2年延期の23年度へ むつ市に報告

むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)は21日、使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始時期について、現在、原子力規制委員会が審査中の安全対策工事に向けた設計認可(設工認)に時間を要していることなどから、2021年度から2年延期し、暫定的に23年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録