ふじ着果率33・4% 21年県産リンゴ、成らせすぎ注意

青森県は21日、2021年産リンゴの着果状況と黒星病の発生状況を発表した。主力品種「ふじ」の着果率は33・4%で、標準着果率の25・0%を大幅に上回った。黒星病は各品種とも被害がなかった。 調査は13、14の両日、県、県産業技術センターりん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録