【東京五輪】緊張や不安、開催に感謝 柔道井上監督

 インタビューに応じる柔道男子日本代表の井上康生監督
 インタビューに応じる柔道男子日本代表の井上康生監督
柔道男子日本代表の井上康生監督(43)が共同通信のインタビューに応じ、東京五輪前の心境を語った。大会後に2期9年の任期が終了。新型コロナウイルス禍での開催意義にも思いをはせた。 ―今の気持ちは。 「緊張があったり、不安があったり。選手はコロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録