「道の駅奥入瀬」飲食2店舗民営化 十和田市、神戸の譲渡先と協定

民営化後の「(仮称)水と森のブルワリー」(右)と「あら、りんご。」の外観イメージ(ワールド・ワン提供)
民営化後の「(仮称)水と森のブルワリー」(右)と「あら、りんご。」の外観イメージ(ワールド・ワン提供)
十和田市は20日、民営化する道の駅奥入瀬「奥入瀬ろまんパーク」内の飲食店2店舗について、譲渡先の「ワールド・ワン」(神戸市、河野圭一社長)と事業継承に関する協定を締結した。2店舗は、青森リンゴ専門店「あら、りんご。」のカフェと、新たなブルワ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録