Free朝のニュースダイジェスト(7月21日)

【県病でクラスター/青森県内】
 青森県は20日、県内で20人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県立中央病院(青森市)で関連を含め、同市在住の9人が感染するクラスター(感染者集団)が発生した。

 【道の駅の飲食2店舗民営化で協定/十和田】
 十和田市は20日、民営化する道の駅奥入瀬「奥入瀬ろまんパーク」内の飲食店2店舗について、譲渡先の「ワールド・ワン」(神戸市)と事業継承に関する協定を締結した。2店舗は来年4月にリニューアルオープンする。

 【おんこちゃんアイス開発】
 青森シャモロックの生産や販売、食品加工などを手掛ける五戸町のグローバルフィールドと、同町の「佐々木ファーム企画」が、町のPRキャラクター「五戸のおんこちゃん」をパッケージにデザインしたアイスクリームを開発した。

 【夏の熱戦、8強出そろう/青森県高校野球】
 今月13日から熱戦が続く第103回全国高校野球選手権青森大会は20日、八戸市長根球場など4球場で3回戦8試合を行い、八学光星、工大一、八戸西、十和田工などが準々決勝に駒を進めた。

 【三沢で夜間接種開始】
 三沢市は20日、市国際交流スポーツセンターで、新型コロナウイルスワクチンの平日夜間の集団接種を開始した。初日は午後6時から2時間で、55歳以上の希望者ら191人が接種した。

お気に入り登録