時評(7月20日)

原爆投下後に広島で降った「黒い雨」を巡る訴訟の控訴審判決で、広島高裁は一審に続き、原告84人全員を被爆者と認めた。被爆者認定についても、放射能による健康被害の可能性だけで対象となるとし、救済の幅を広げた。極めて妥当な判断だ。 援護対象区域拡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録