【東京五輪ラグビー7人制】家族として団結しメダルへ 外国出身者多い男子日本

 ラグビー7人制男子の日本代表候補合宿で、練習する(右から)副島とトゥキリ。左は岩渕監督=6月、東京都府中市
 ラグビー7人制男子の日本代表候補合宿で、練習する(右から)副島とトゥキリ。左は岩渕監督=6月、東京都府中市
東京五輪のラグビー7人制男子日本代表は12人中5人を外国出身選手が占める。15人制の2019年ワールドカップ(W杯)では31人中15人が外国出身選手の日本が団結力を示し「ワンチーム」は流行語になった。7人制も多様性豊かな“ファミリー”として.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録