エイトベース苦境 都内4度目宣言、関係者歯がゆく 八戸圏域PRへ試行錯誤

4度目の緊急事態宣言下で営業を続けるエイトベース。運営事業者は苦しい状況下でも試行錯誤を重ねる=16日、東京・内幸町
4度目の緊急事態宣言下で営業を続けるエイトベース。運営事業者は苦しい状況下でも試行錯誤を重ねる=16日、東京・内幸町
新型コロナウイルスで東京都内に発令された4度目の緊急事態宣言を受け、都心にある八戸都市圏交流プラザ「8base(エイトベース)」が、酒類の提供や営業時間などが制限された状態で運営を続けている。昨年9月のオープン以降、メディア露出の機会も増え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録