Free県内で気温ぐんぐん上昇 八戸の海水浴場にぎわう

連日の真夏日で涼を求める市民でにぎわう海水浴場=18日、八戸市
連日の真夏日で涼を求める市民でにぎわう海水浴場=18日、八戸市

太平洋高気圧の影響で、青森県内は18日、朝から気温がぐんぐんと上昇。三沢35・2度、三戸34・9度、十和田34・5度など観測地点23カ所のうち、14カ所で今年最高の暑さを記録し、海水浴場などは涼を求める家族連れでにぎわった。

 八戸は32・2度と2日連続の真夏日。22日から8月23日までの日程で開設する八戸市の白浜海水浴場には、海開きを待ちきれない様子の市民らが訪れた。

 家族で訪れた市立白山台小6年の熊野圭吾君(11)は「波があるから楽しくて気持ちいい。毎日でも泳ぎたいくらいだ」と目を輝かせた。

 この日は同海水浴場を管理、運営する市南浜漁協白浜漁業部会(磯島文男部会長)による安全祈願祭も行われ、関係者が無事故を祈った。

お気に入り登録