一戸駅内に交流スペース、観光の玄関口に 愛称「いちドキ広場」

交流スペースのオープンを祝いテープカットする関係者
交流スペースのオープンを祝いテープカットする関係者
IGRいわて銀河鉄道一戸駅内で15日、一戸町が運営する交流スペースがオープンした。2月に閉店したコンビニの店舗跡を、町が同鉄道から借り受け、観光案内の機能を備えた施設としてリニューアルした。今月下旬にも世界文化遺産への登録決定が見込まれる御.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録