【風紋波紋】設計施工の精査不足 二戸の新温泉施設整備で事業費膨張

官民連携で整備が進む二戸市の「カダルテラス金田一」。事業費の2回の変更で、市議会からは批判の声が上がった=7月上旬、二戸市
官民連携で整備が進む二戸市の「カダルテラス金田一」。事業費の2回の変更で、市議会からは批判の声が上がった=7月上旬、二戸市
二戸市が金田一温泉周辺地区に官民連携で整備を進める温泉施設「カダルテラス金田一」。市は、従来のハコ物事業を見直し、民間活力を用いる手法で整備事業費を抑え、民間の運営で収益も生み出す施設とすることを目指す。だが、市が示す事業費は、当初の6億円.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録