【ワクチン供給ショック】自治体、事業の混迷続く 「在庫」巡り国と溝

 ワクチン不足を巡る国と自治体の立場
 ワクチン不足を巡る国と自治体の立場
新型コロナウイルスワクチンを巡り、供給量の急減による混迷が続いている。自治体が態勢を整え接種の「高速走行」に入った途端、国にブレーキをかけられた。立て直しを急ぐものの、自治体に配った4千万回分の在庫が「ある」と言う国と「余剰はない」とする自.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録