ワクチン減で計画変更79% 70%が希望量の半分以下 都道府県庁所在地

 ワクチン供給減を受けた自治体の対応
 ワクチン供給減を受けた自治体の対応
新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンの供給減少を受け、都道府県庁所在地の47市区のうち、79%に当たる37市区が予約枠縮小など接種計画を「見直した」「見直す予定」であることが17日、共同通信の調査で分かった。33市(70%)は、7月の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録