世界遺産登録後も積極発信を 是川縄文館10周年で講演会

縄文文化の本質を発信する重要性を述べた岡村道雄氏(左)
縄文文化の本質を発信する重要性を述べた岡村道雄氏(左)
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館(工藤朗館長)の開館10周年記念講演会が10日、同館で開かれた。奈良文化財研究所名誉研究員の岡村道雄氏が「皆で考えよう縄文文化の価値―是川遺跡を中心に―」と題して講演。自然と共生してきた縄文人の文化を、今後.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録