「五輪通じ平和に貢献」 バッハ会長が広島訪問 コロナ禍で賛否、抗議も

 原爆資料館でスピーチするIOCのバッハ会長。右は被爆者の梶矢文昭さん=16日午後(代表撮影)
 原爆資料館でスピーチするIOCのバッハ会長。右は被爆者の梶矢文昭さん=16日午後(代表撮影)
東京五輪の開幕まで1週間となった16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が被爆地の広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に自身の名前と「平和」と書かれた花輪を献花し、雨中で1分近く黙とうした。新型コロナウイルス禍で東京都が緊急.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録