柔道整復師の被告に有罪判決 施術療養費名目詐取

健康保険組合などから保険金や療養費の名目で金銭をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた、八戸市売市3丁目、柔道整復師の被告の男(32)の判決公判が16日、青森地裁八戸支部であり、細包寛敏裁判官は懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録