車いすバスケの魅力体験 三沢五中でアスリート指導

車いすに乗ってシュートを狙う生徒(写真右)
車いすに乗ってシュートを狙う生徒(写真右)
三沢市立第五中(小比類巻謙校長)の1年生57人は9日、同校体育館でパラスポーツの車いすバスケットボールを体験し、競技の魅力に触れた。 市が市内の小中学校で開催しているトップアスリート派遣事業の一環で、パラスポーツの普及や、共生社会へ理解を深.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録