松くい虫被害、南部町で2本 20年シーズン、要因の昆虫定着懸念

青森県は15日、青森市で開いた県松くい虫被害対策検討会で、2020年シーズン(20年7月~21年6月)の被害状況を報告した。これまでに木の枯死被害があった南部町小向地区で新たに2本(前シーズン比3本減)、深浦町広戸・追良瀬地区で84本(同2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録