【酒提供店への取引停止問題】強権手法、議論なく拡大 官僚弱体化で物言えず

 酒類販売事業者支援と取引停止要請の流れ
 酒類販売事業者支援と取引停止要請の流れ
酒提供の飲食店への取引停止問題では、政府内で十分な議論がなされないまま、新型コロナウイルス対策の支援金の要件として発案されたものが酒類販売の事業者全般へと拡大していった構図が浮かび上がった。法律に基づかず業界を直接動かそうとする強権的な手法.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録