核燃新税特別委を開催 むつ市議会、事業の現状など確認

むつ市側が使用済み核燃料中間貯蔵施設の現状や核燃新税の進捗状況について説明した市議会の特別委=15日、同市議会
むつ市側が使用済み核燃料中間貯蔵施設の現状や核燃新税の進捗状況について説明した市議会の特別委=15日、同市議会
むつ市議会の「使用済燃料中間貯蔵施設に関する調査検討特別委員会」(冨岡幸夫委員長)は15日、特別委を開き、市側に中間貯蔵事業の現状や市使用済み燃料税(核燃新税)の進捗状況について確認した。 市は、同施設の誘致に至る経緯や進まない事業の現状に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録