Freeピンク色のバッタにびっくり/二戸

発見されたピンク色のバッタ
発見されたピンク色のバッタ

11日に二戸市の岩手県立県北青少年の家の草むらでピンク色のバッタが3匹見つかった。発見した八戸市立多賀小2年の佐藤翔和(とわ)君(7)は「草むらで仲良くぴょんぴょん跳びはねていた。とてもびっくりした」と振り返り、偶然の出合いに心を弾ませた。

 昆虫が大好きという佐藤君が同施設に遊びに行った際、捕まえた。体の小さい2匹は色が濃く、成虫と思われる1匹は薄い色だったという。

 市内の昆虫に詳しい専門家によると、ピンク色のバッタは突然変異によるものとみられ、非常に珍しいという。

 残念ながら3匹中2匹は死んでしまったが、標本のコレクションに加える予定。残りの1匹は大切に育てていくつもりだ。

お気に入り登録