メトロ上場へ株式同時売却/交政審答申、新規整備も

国土交通省の交通政策審議会(会長・金本良嗣政策研究大学院大学客員教授)は15日、東京メトロの株式上場に向け、国と東京都が保有株を同時に半分ずつ売却する案を赤羽一嘉国交相に答申した。有楽町線延伸などの早期の新規事業化と、建設費の公的支援を求め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録