プロの技に興奮 八戸第二養護学校がヴァンラーレと交流

ヴァンラーレの選手と共にサッカーを楽しむ生徒
ヴァンラーレの選手と共にサッカーを楽しむ生徒
青森県立八戸第二養護学校(小松﨑明校長)は8日、同校体育館でスポーツ体験学習会「ヴァンラーレタイム」を開いた。中学部の生徒25人と、ヴァンラーレ八戸の選手らがサッカーを通じ交流。子どもたちは全力でボールを追い掛け、体を動かすことの楽しさを感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録