原燃と原子力機構が事業受託 使用済みMOX燃料の再処理技術開発

使用済みプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を再処理する技術の確立に向け、日本原燃(六ケ所村)と日本原子力研究開発機構(本部・茨城県東海村)が共同で国の事業を受託して研究開発を進める。公募していた資源エネルギー庁が14日、受託事業者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録