「南北戦争以来の試練」 米大統領、投票制限批判

 13日、米フィラデルフィアで演説し、投票権保護を訴えるバイデン大統領(UPI=共同)
 13日、米フィラデルフィアで演説し、投票権保護を訴えるバイデン大統領(UPI=共同)
【ワシントン共同】バイデン米大統領(民主党)は13日、共和党が優勢な各州で続く非白人の投票権を事実上制限する州法制定の動きを主題に演説し「(奴隷制を巡り内戦となった)南北戦争以来、民主主義に対する最も重大な試練に米国は直面している」と述べ、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録