大谷、慣れない形式に苦戦 14日は「二刀流」で出場

 本塁打競争の1回戦でソトと対戦するエンゼルス・大谷=デンバー(共同)
 本塁打競争の1回戦でソトと対戦するエンゼルス・大谷=デンバー(共同)
出場8選手の最後に登場したエンゼルスの大谷は、大接戦の末に1回戦で涙をのんだ。「1日にあれほど振ることはない」と、4分超で50スイング以上をこなす慣れない形式に苦戦した。 序盤は「距離感が取れないな」と打球に角度が付かず、先に22本を放った.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録